熱収縮チューブ工場

熱収縮チューブ工場は32台の押出加工装置、153台の圧延装置と2台の電子ビーム加速装置を備えています。バッチング、押出加工、放射線照射、圧延とパッケージングを含む5つの基本的手順を行い、月産能力は6千万メートルを誇ります。

押出工場
  • 熱収縮管の押出、印刷及び運び出すことを順調に進むために、この工場は敷地面積が大きいです。
  • ホッパーと送りホッパー


  • コンパネは熱収縮管の全製造プロセスを制御します。

  • スクリュー、スクリューの温度は高いため、扇風機を付けて温度を下げます。
  • 押出機
  • 冷水槽は長さが8mです。押し出されたばかりの熱収縮管は高温で、冷水槽を通じて、温度の下げると成形を実現します。
  • 牽引機
  • 張力調整装置は熱収縮スリーブの張力を上げます。
コイル巻機は押出リングの最後に使用されています。製作されて熱収縮管を1束にさせます。その後、後のプロセスに入ります。
照射工場

照射工場は大きい敷地面積を持ち、熱収縮管の製造に満たします。照射加速器は2台あります。

熱収縮管に照射プロセスを行われ、原材料の分子の構造を変え、押出後の成形をより簡単なことになります。

  • 張力調整装置を使用することによって、熱収縮管が照射室の速度を調整します。
  • 作業員は照射室内の熱収縮管の状況を観察し、記録をします。
拡張工場
  • 拡張工場は3タイプあり、つまり乾燥拡張装置、大型オイル拡張装、小型拡張装置です。
  • 大型の拡張装置は9本の熱収縮管を同時に拡張することができます。それに、熱収縮管を異なる棚によってグリセリン加熱プロセスに移します。
  • 金型、熱収縮管拡張用
  • 9本の熱収縮管は成形した後、冷水槽に入れ、成形します。
  • 成形したあとの熱収縮管です。牽引機とコイル巻機を通じて取り付けます。拡張したあとの熱収縮管の直径範囲は0.6-120mmです。
  • 乾燥拡張装置