波形可とう電線管工場

このワークショップは3000 m2以上にカバーし、5本の製造ラインで、ドイツと日本の規格に準拠する21種類の波形可とう電線管を製造しています。この生産性高いセンターでは、月産100万メートルの製品の製造が可能です。

プロセスと装置

当社の工場は原料撹拌機、プラスチックホッパー乾燥装置、主機、牽引機、切断機など完備した装置により構成されています。

  • 混合、押出加工、成形、分割、巻付け、切断、検査、パッケージングなどのプロセスが処理されます。
  • プラスチックホッパー乾燥装置、主機、牽引機によって処理され、製品の成形は押し出されます。


  • コンパネ、波形可とう電線管ラインを全制御します。
  • 押出機、波形可とう管の押出のために使用されています。
  • コイル巻機はパッケージの要求に基づいてサイズの大きさを制御できます。100m束巻です。
  • 切り口装置は製品の口開けのために使用されています。

作業員は切断機を検査しています。製品は、梱包の簡易化のために複数に切断されています。